お金?内容?選び方は?

どのような飼い方をしているか

ペット保険を選ぶ場合は、どのような飼い方をしているかが重要です。犬の場合は、完全に外で飼っているか屋内で飼っているかで状況はことなります。もし外で飼っている場合は、策を乗り越えて逃げ出す可能性がゼロではありませんし、誰かが悪戯で策を壊すかもしれません。原因は何であれ、自分の飼っている犬が外に出たら様々な危険性が発生します。車が多く通る場所であれば交通事故によって負傷もしくは死亡しますし、通行人を噛んで怪我させるかもしれません。飼っている犬が他人を噛んだら、その責任は飼い主にあるので治療費を出さなければいけません。
室内で飼っている場合は、逃げ出す可能性が限りなく低いので、それほど手厚い保険内容は必要なく病気をしっかりサポートしてもらえるような内容が好ましいです。

どのようなペット、そして性格か

例えば犬でも、他人にお腹を見せるほど人懐っこい場合もあれば、少し近づいただけで吠える場合もあります。危険なのは後者で、吠えているということは敵意を示しているので噛みつく恐れがあります。噛みついた時に大怪我して、何十万円という賠償責任が発生してもペット保険によって守られます。もちろん契約内容によって異なりますが、ペットはどのような行動をするか分からないので危害を加えた時のことも考えないといけません。
犬であればある程度賢いですが、その他の特殊なペットなどは何をするか飼い主であっても検討がつきません。ペットも病気になってしまいますし、言葉が交わせないので危険なサインを見逃す可能性があるので保険は大切です。